生命保険の見直し時期


人生を例えて、人生は、「生まれた時」からの歩み続ける道程のようなものということが、よく言われます。長い人生を道程に例えた例ですが、決して間違ったものではありません。また、その道程の中には、イベントに応じたいくつかの様々なステージに分けることが出来ます。

ここでは、その人生におけるそれぞれのステージにおいて、自分自身が家族にどれだけのものが残せるか、彼らの人生の手助けを行ってあげられるのかについて、生命保険と言う観点から、そのライフステージに合わせた内容をご紹介します。多くの方は、会社員、自営業者問わず、成人すると共に、あるいは社会人になった時から一定の生命保険に自ら加入されています。一方、生命保険などは、まだまだ先の話なので、今の手取りが減るので加入しないと決め、未だに加入していない方々もおられます。

しかし、人生の長い道程の中では、様々なイベントが発生したり、アクシデントに見舞われたりすることが多くあります。偶発的に発生してしまうアクシデントに対しては仕方ないと思われる方も多いようです。しかし、一方、予想されるイベントについては、予め準備出来ることですので、その時々に応じた、生命保険の見直しを検討してみて下さい。現在、生命保険に関して未加入の方も、そうしたライフステージごとの加入を再検討してみて、現在の収入で保険料支払いが許容できる金額かを計算してみることも重要な見直し基準になります。