ライフステージの種類


多くの平均的な日本人の方の場合、まず、結婚があります。現在は、男女問わずですが世帯主としてお互いの責任が増えます。結婚されれば、自然に出産による扶養家族の増加が予測されます。子供に対する養育責任のみならず、その子供たちの幸せを考えてあげなければなりません。更に、自宅の購入のステージもあります。多くの方々はローンで購入されると思いますが、ローンの支払いについて、生命保険を担保に組まれる方もおられます。次に、現役を引退した時があります。会社勤めの方は退職、個人事業主の方は引退と大きな転機を迎えるライフステージです。

これら数多くの人生におけるステージで、自身の加入している生命保険の持つ意味も変わってきます。また、最終的に保険金の支払いを受ける際の保険金額や掛け金の多寡もこのステージによって大幅に変更しなければならいことが多く、ライフステージに合わせて生命保険の見直しをすることが大切になります。現在日本国内では、男女ともに80%前後の方々が生命保険に加入し、さらに、普通死亡の場合の保険金額平均が男性の場合、2千万円強、女性の場合が1千万円弱です。これは、男女区分はあるものの全世代の平均金額として発表されています。これらを一方では、人生のステージによって区分することも考慮すべきだということになります。

生命保険の見直し

今現在加入されている方、あるいはこれから新規加入を考えられている方が、どのような保険が現在のライフステージで、最も効果的なのかと言う問題があります。生命保険の見直しについてこの点が最も重要です。一昔前であれば、生命保険会社各社の保険勧誘員に連絡し相談するということがありました。しかし現在では、数多くの生命保険に関するアドバイスを専門に行うFP(ファイナンシャルプランナー)が、適切なアドバイスを行っています。偏った生命保険会社だけの情報では無く、総合的に判断し、相談者個人の状況に応じて詳細に相談できます。また、直接FPの方に相談するのはどうもと思われる方には簡単に診断できる生命保険算定に特化したサイトも数多くあります。

ここで重要なことがあります。ご自身の生命保険金だけを考えるのではなく、親族一同全員のライフステージに合わせた生命保険の見直しということをしなくてはなりません。客観的な立場に立って、両親、夫婦、子供、孫と、立場に応じた生命保険をトータルとして構成することが大切です。自分自身の生命保険だけを考えていたのでは、家族を守る為の生命保険という視点から外れる恐れがあり、ご家族全員の個々のライフステージに合わせた生命保険の見直しを未加入の方も含め行って下さい。